NHK受信料勧誘の訪問者の服装をチェック!

この記事は2分で読めます

NHKの受信契約をしていない家庭に訪問して契約を促すNHKの勧誘員、彼らは地域スタッフと言って受け持ちのエリアの契約のみを担当するNHKに委託された職員なのです。地域スタッフが訪問してきた際に見た目だけでNHKの職員と見分けが付けれるかというと難しいです。なぜならば、彼らには決められたユニフォームがないからです。ではどのように見分けていけばよいのかを次で少し説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

NHKの職員の簡単な見分け方の一つ

 

まず、かんたんに見分ける方法としては、地域職員は顔写真入りの身分証を携帯していますのでそれを見れば一目瞭然です。でも実際に身分証を魚眼レンズやドアフォンのモニターで確認することは難しいです。したがって、職員を見分けるためにどんな服装で現れることが多いかを見ていきましょう。

 

しかし、文頭でも説明した通り、勧誘員にはユニフォームがありません。お客様に不快を与えないレベルであれば自由裁量になっているようです。なので地域職員をパッと見の服装だけで見分けるのは難しいのです。

 

 

 

スポンサーリンク

受信料勧誘員の服装の傾向

 

服装の傾向を知っておけばある程度地域スタッフを判別することができます。結構多い服装としてはスーツを着ている、あるいはYシャツにネクタイをしているなどといった、割としっかりとした服装の方が多い様です。またYシャツにスラックスや中には作業着みたいな服装で訪問してくるスタッフもいるようです。

 

 

地域スタッフの給料は固定給+歩合となっていて、契約の成立が多ければ多いほど給料が高くなっていく仕組みになっているようです。

そのため、契約をしてもらうためにはまず警戒心を感じさせないかつ信用を得れるように出来るだけしっかりとした格好をした方がいいと考えている地域スタッフの方が多く、ネクタイを着用していることがほとんどです。

また、契約申込書などをいれて持ち歩くカバンや、大きなタブレッドケースを持って訪問するケースが多いようにです。

 

 

また年齢も30代~50代くらいまでおり、男性も女性も存在しているようです。

私の持つ地域スタッフの印象は男性で50代くらいの中年という印象が強いですが、実際には30代くらいの女性といった若い地域スタッフも存在しているようです。

 

 

しかしながらユニフォームが決まってない以上見た目で判別することは非常に難しいですね、なので目の前の訪問者が地域スタッフかどうかを判断するためには、直接身分書を確認するというのが手っ取り早い手法となります。

 

 

証明書には、NHKのロゴが入っており地域スタッフの名前と写真が貼ってあります。それに加えて所属の放送局が書かれています。もし見分けに失敗してドア口に出てしまったときは証明書を見せるように言って、身分証がちゃんとあるかを確認するしかありません。(万が一ですが、勧誘員を装った無関係の業者の可能性も考えられるので)

 

 

まとめ

 

説明した通り、以下の特徴の場合は勧誘員に多いようです。

 

・中年の男性でYシャツにネクタイ、スラックス

・肩にカバンもしくはタブレッド端末

 

 

 

地域によっても服装や特徴ははまちまちなので、きちんと把握しておきたいと思っているのならば御近所からも情報を得るなどをした方が良いでしょう。しかし、服装でもイメージは変わってきますので仕事として訪問をしているのならばスーツで訪問をすればもっと誠実なイメージがアップするのではないでしょうか?

 

 

【12月6日ニュース】

【最新12月版】NHK裁判で受信料が合憲とされた概要と今後の動きについて

 

【12月7日】

NHK受信料制度が合憲により激化する”スクランブル化”の声

 

 

 

特徴についてはこちらでも詳しく紹介しています↓

 

・NHKの受信料契約者訪問の特徴一覧

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人の紹介

<管理人:アンテナ> ちょくちょくニュースとして話題にあがる”NHKの受信料”関係に関心を持ったのでこれをテーマに情報を体験談を含めまとめています。 意外と知られていないことが多く、契約者でもまだ契約をしていない人でも知っておいた方が良いことがあるので参考にしていただければと思います。 ※受信料逃れや不払いを助長するような目的での運営ではありません