アーカイブ:2017年

  1. 先日27日にワンセグ機能付き携帯電話を所有する事によるNHK受信料の契約は無効であるという訴えを東京地裁は棄却するという判決が出ました。ということは今後、地上波を受信できる携帯電話を所有している人はやはり受信料を支払うことになるのでしょうか…

  2. 先日の最高裁にて決定した判例、「NHKの受信料制度は合憲」について世間ではものすごい勢いで話題となり、ソーシャルメディアに目を通すととてつもない程の数の不服の声が飛び交っていました。2017年もあとわずかという時期に、かなり衝撃がある裁判結…

  3. NHKの受信料の契約義務についての裁判で新たな動きがありました。今まで争点となっていた受信料制度について最高裁から判決が下ったのです。その内容は「受信料制度は合憲」、「支払義務はテレビ設置時点まで遡ることになる」といったもので、「受信契約は…

  4. よくNHKの受信契約のお願いや受信料の未払を請求に来た徴収員に対して「裁判でも何でも、どうぞ起こしてください」と切り返して追い返している方もいらっしゃるかと思います。しかし最近ではNHKの受信料を支払うことを拒否したり、受信契約を結ぶこと自…

  5. いつでもどこでもやってくるNHKの受信料徴収員ですが、彼らはあくまでも受信契約の「お願い」や支払いを「お願い」しに来ているわけですから、直接接触しなければその目的を達成することすらできないわけです。そこで、実はNHK受信料訪問はオートロック…

  6. 「うち、テレビないので」というのが定番の断り文句と言われてきたNHK受信料ですが、その他に最近は「テレビのアンテナがないので」と、アンテナ無しを理由として受信料の納付を断る方法もあります。実際のところNHKの電波を受信するためのアンテナがな…

  7. 放送法という法律の第64条に基づいて、すべての放送受信設備(テレビや携帯のワンセグ、カーナビの画面なども含む)を設置するものはNHKとの受信契約を結び、さらにNHKが独自に定める「日本放送協会放送受信規約」に基づいて受信料を支払う必要があり…

  8. よくアパートなど集合住宅に住んでいると、NHKの受信料徴収員が定期的に部屋に訪れてくることがあります。集合住宅やマンションなどは、アンテナが建物自体に設置されているので受信料を払ってください、ということで来ることが多いかと思いますが、実際の…

  9. 2017年も残すところ、あとわずか。今年もいろいろありましたが、年末に向けてもう一つやらなければならないことがあります。そうです、NHK受信料の徴収員の対応です。普段テレビを観ていないという人も年末になるとテレビを視聴するだろうと、受信料ス…

  10. NHK受信料について「訴えられた」といったワードで日夜調べられている方もいらっしゃるかと思います。実は、NHKは受信料を未払の視聴者に対して、平成18年頃より積極的に訴訟を起こすという行動に出ています。では、実際のところNHK受信料の関係で…

RETURN TOP

管理人の紹介

<管理人:アンテナ> ちょくちょくニュースとして話題にあがる”NHKの受信料”関係に関心を持ったのでこれをテーマに情報を体験談を含めまとめています。 意外と知られていないことが多く、契約者でもまだ契約をしていない人でも知っておいた方が良いことがあるので参考にしていただければと思います。 ※受信料逃れや不払いを助長するような目的での運営ではありません