NHK受信料を解約するため引っ越しと嘘ついた時の結末は!?

この記事は3分で読めます

NHKの受信契約を知らずにしている方も多いはず、友人やご近所さんの中にも受信料を支払いしていない人は結構多いはず、なんで私だけ払わないといけない??なんて考えると益々解約したくなりますよね?そんなあなたにNHKを解約する解約する手段の一例をあげて説明していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

「NHK受信料を解約するため引っ越しをする」と嘘をつく方法

 

 

引っ越しも単なる移転となると「移転先でもNHKを契約してください」となるので解約することは困難になります。ではどのようにして引っ越しを理由に解約をしたらよいのでしょうか?

 

 

 

それは、2つの世帯を1つにまとめるのが手っ取り早い方法と言われます。

 

例えば、「引っ越しで実家に戻る」というのはこちらにとって、とても都合の良い理由になるのです!

 

 

 

その場合は、まず最初の手続きとして、NHKの住所変更手続きページにアクセスして「2つの世帯が1つになる」の”世帯同居の手続き”を行います。

そこには氏名・連絡先・移転日や移転元の住所・移転先の住所などを入れることで簡単に解約手続きをすることができます。

 

 

但し移転先の住所がないと解約はできません!当然移転先=実家となるわけですから、少なからず個人情報を知らせなくてはいけないというデメリットも生じます。一方、知らせたからと言って必ずしも実家に訪問されて調査される訳ではなので、「教えるくらいいいか」と思う方はそれで解約するのも1つの手と思われます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

引越しを理由にNHK受信料を解約した後の注意点

 

 

しかし、NHKも移転を理由に解約をする手口には敏感なようで、契約者の移転先の住所を押えないと解約させない所はいささか納得がいかない所です。上記の様に引っ越しを理由に解約をしたとすれば当然今までの住居には次の住民が引っ越してくることをNHKも想定します。

 

 

 

なので、NHKの職員は新規契約の為に遅かれ早かれ訪ねてくることが考えられるので要注意です。もし解約理由を実家に帰るということにして解約し、その後も今までの住居に済み続けたとして、NHK職員が訪問してきた時にうっかり出てしまい「引っ越しの為の解約」について虚偽の申告が発覚するようなことがあれば、NHK不正解約・不正取り消しとみなされ詐欺罪(10年以下の懲役)に当たる可能性も十分に考えられます。

 

 

 

NHKの新規契約の取り方が、訪問してきて「入らないと訴訟になりますよ」とか「入って頂けるまで帰れないんですよね」など加入しないといけないような強硬姿勢で加入させている話も耳にするので、こちらも狡猾な方法で解約したからと言って法に訴えられてもフェアとは思えません。

 

 

 

仮にこの場合のペナルティ-としては受信料の2倍の額が追加で請求として課されることもあります。実状、故意に嘘をついて解約をすることは重大な犯罪とみなされてしまうのでリスクも伴うことも承知しておかなくてはいけません。

 

 

 

まとめ

 

しかしながら、今回の話はあくまで引っ越しをするという虚偽がばれた時の話で、嘘がばれる可能性はかなり低いと考えられます。そんな理由で訴えを起こされるケ-スは本当に少ないのでしょう。なので「引っ越しを理由に解約する」方法は面倒な手間をかけるよりは非常に手っ取り早い方法といえるのです。

 

 

ただ、訴訟が少ないだけで「0」ではないということも覚えておきましょう。

過去には平成25年には東京高等裁判所で放送受信契約の未契約世帯に対しての民事訴訟が行われて未払い者に対して支払い義務があると判決が下ったケ-スもあります。必ずしも訴訟に直結するわけではないですが、NHKの対応もこの判決以後はかなり強気な対応になっているようですから用心にこしたことはないようです。

 

受信料解約に関する押さえとくべき知識は以下から。

 

・実家に帰ることが受信料解約になる?

NHK受信料解約で実家に帰るケースの手口を指南!

 

・海外に引っ越す時のNHK受信料ってどうなるの?

NHK受信料の解約が必要な引っ越し先、海外のケース

 

 

 

最新記事

・ワンセグの受信料裁判がとうとう敗訴に!?

 

【12月6日ニュース】

【最新12月版】NHK裁判で受信料が合憲とされた概要と今後の動きについて

 

【12月7日】

NHK受信料制度が合憲により激化する”スクランブル化”の声

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人の紹介

<管理人:アンテナ> ちょくちょくニュースとして話題にあがる”NHKの受信料”関係に関心を持ったのでこれをテーマに情報を体験談を含めまとめています。 意外と知られていないことが多く、契約者でもまだ契約をしていない人でも知っておいた方が良いことがあるので参考にしていただければと思います。 ※受信料逃れや不払いを助長するような目的での運営ではありません