NHKの受信料訪問が夜に訪れる場合の時間帯一覧と対応方法

この記事は3分で読めます

「テレビがない家庭が近年増加傾向にある」などと世間で言われているばかりではなく、身近な人でもこういった声を聞きます。とは言ってもテレビをお持ちの家庭が多いのは事実です。そして「テレビがある=NHKと受信契約をする」というのは法律でも定めらている日本国民の義務です。しかしながら、テレビがあるにも関わらずいろいろな事情や信条においてNHKと受信契約を結ばない家庭は多いのも事実です。一方、NHK側もあの手この手で受信契約家庭数を増やそうと必死に対応しています、その中でも今回はNHKの勧誘員にスポットを当ててみようと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

NHKの勧誘訪問の中で信じられない深夜の時間帯

 

皆さんの家庭はNHKの契約はお済ですが?お済でない方にお聞きします、みなさんの家庭にくるNHKの勧誘員は何時ごろに現れますか??大体イメージするのは日中もしくは夕方位だと思います。しかしインターネット上の人々の話では「深夜10時ごろにNHKの勧誘員が現れました」なんて書き込みも多いようです。

 

 

では「本当にこのようなことが起きているのかどうか?」を解説していきます。

 

 

実は夜訪問するケースは多いようです、一番遅い訪問時間でなんと深夜23時!!このようなケースもあります、ではなぜこのような時間に訪問してくるのでしょうか?

 

 

一番の理由は”昼間の訪問時に留守にしていることが多い家庭”のため深夜にかけて訪問し契約をお願いするケース、もう一つは昼間の主婦の方しかいない時間に訪問された際「今は主人がいないので決めれません」という断り方をしたケース、このため、旦那さんがご在宅の時間を狙ってNHKの勧誘員が訪問してくるのです。前者は勧誘員としてはどうしても仕方が無いパターンですが後者の場合、皮肉にもこの断り文句が”深夜のありえない時間帯の訪問”を生み出しているのです。

 

 

 

また、NHKの勧誘員は深夜23時までは訪問活動の時間といった説もあり、21時以降は地域スタッフが訪問している可能性が高いです。そのため地域スタッフは未加入世帯の家族構成や在宅している時間などを周到に調べており、確実にインターフォンに出てもらえる時間をあえて狙っているのでしょう。

 

 

このような深夜訪問行為は法律上は違法行為にはあたりませんが、一般常識では非常に理解が難しいと感じてしまうのは事実。特に女性の1人暮らしの方などは深夜に見知らぬ男性が1人で訪問してくること自体恐怖を覚えてしまいますよね…

 

 

 

 

スポンサーリンク

もしNHKの勧誘が深夜に訪問してくる場合の対応方法

 

 

では、このような深夜の訪問を対処するためにはどんな対応をするべきなのでしょう?

 

たとえば、深夜1人しかいない状況で対応するのが怖い場合は無理に対応することは避けましょう。やはり世間でも耳にする勧誘員を装った無関係の人間が訪れるといったケースがありえますので、仮に本物の勧誘員だったとしても身の安全を考えた場合は無理に深夜に対応はせず、日中の余裕がある時に対応するのが最も安全と言えます。仮に無対応、又は居留守を使ってもなお執拗に居座る場合は知人の男性を呼ぶか頼る方がいないのであれば警察に相談してしまうのも手です。

 

 

もし深夜でも対応することができるのであれば、玄関口に出ていき深夜に訪問することが迷惑であることを告げておきましょう。「○○時に訪問するのは御遠慮ください」との旨をはっきり伝えておくことが大事です。

 

 

もしそれでも訪問をやめない場合はNHKのコールセンターに深夜勧誘に対する抗議の声を伝えるといった対処が必要となります。この点は改善されるまでは主張をし続けることが大事になります。

 

 

最後に、深夜の訪問行為自体は違法にはなりませんので法的強制力はありません、したがってこの場合、

 

 

・深夜訪問を控えるように声を挙げる

・そもそも深夜は対応をしない

・「恐怖を感じている」と警察に相談する

 

 

といったいづれかの方法で対処するしかありません。

 

 

 

まとめ

 

勧誘員の肩を持つわけではありませんが、彼らも仕事を頑張っているわけであり、勧誘員も厳しい対応をされることを望んでいるわけではないでしょうが、ノルマを達成するためには少々常識的な時間からはみ出してでも訪問をすることが必要となってしまうのかもしれません。こればかりは難しい問題ですが、もし深夜に訪問された場合は”対応ができる時間帯に再度訪れるよう伝える”ことも私達の務めなのかもしれません。

 

 

 

 

 

↓合わせて読みたい訪問スタッフへの対応方法最新版

 

NHK受信料の断り方最新情報!簡単に習得!

 

NHKの受信料徴収の訪問を中止させる手段の一手

 

最新記事

・ワンセグの受信料裁判がとうとう敗訴に!?

 

【12月6日】

【最新12月版】NHK裁判で受信料が合憲とされた概要と今後の動きについて

 

【12月7日】

NHK受信料制度が合憲により激化する”スクランブル化”の声

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • miyazaki taakshi
    • 2017年 11月4日

    夜の8時以降とか遅い時間に来るのはナンセンス!!!!!!!!!!!!!

    受信料も法律とかありえない!!!!!!!!!!!

    国営でしょうが!!!!!!

    既に税金での運営でしょ!!!!!!

      • antena
      • 2017年 11月16日

      コメントありがとうございます。
      8時以降の訪問は控えていただきたいところですが、訪問販売にある特定商取引法では21時まではOKな時間として見なされているようで、
      NHKは訪問販売の部類ではないものの、特定商取引法を参考にしている諸説があるので21時までは訪問の可能性があると認識されていた方がよいです。

管理人の紹介

<管理人:アンテナ> ちょくちょくニュースとして話題にあがる”NHKの受信料”関係に関心を持ったのでこれをテーマに情報を体験談を含めまとめています。 意外と知られていないことが多く、契約者でもまだ契約をしていない人でも知っておいた方が良いことがあるので参考にしていただければと思います。 ※受信料逃れや不払いを助長するような目的での運営ではありません