NHKの受信料はカーナビでも払うの?断り方を考察

この記事は2分で読めます

NHKの受信料というのは原則的にNHKの放送を受信することができる放送受信設備を持っている人が、公平負担の原則から全て支払うことが求められるとされていますが、放送受信設備の中にカーナビというものが入っていることをご存知でしょうか?というより、最近はNHK の受信料徴収スタッフも自宅の前に駐車している車を覗き込んで、その車の中にカーナビがあれば、そのカーナビを根拠として受信契約を迫るというケースもあります。それでは実際のところカーナビでも払う必要はあるのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

カーナビを根拠にNHK受信料を求められた時の断り方

 

これはあくまでも地域などにもよりますが、NHKの受信料徴収スタッフによってはカーナビを主な主戦場として徴収業務を行っている者もいます。つまりカーナビがあればそれは放送受信設備なので「受信契約をお願いします」という戦法です。この方法であれば自宅にテレビがないとうまく逃げられてしまっても、カーナビを根拠にして受信契約を行うことができるためです。

 

NHK受信料徴収スタッフも日々様々な決まりやお客様の断り方、そして規約を勉強していますので、この辺りを上手く突いてきている格好ですね。それならば、こちらも決まり事や規約に則った断り方をしていけば良いだけのこと。

 

カーナビを根拠にNHKの放送受信料を支払う様を求められた場合には、断り方として「カーナビは今通電していません」(動作確認を求められても、実際にその場でエンジンをかける必要はありません)と切り返すと、NHK側としては通常”テレビ故障”と同じ扱い、もしくは受信設備なしでNHKは引き下がらなければなりません。NHKの放送を受信できないのですから、当然ですね。

 

さらに、NHKの放送受信料徴収スタッフが食い下がってきて「どうしてもエンジンをかけてください」もしくは「カーナビに通電したところを確認させてください」と食い下がってきた場合には、車のエンジンをかけるのもやはりコストがかかることですし、さらに場合によってはキーが手元にないということもあるかと思います。その場合にはこういった事情があるので今すぐに自分はその車のエンジンをかけることができない状況にある、ということを確実にお伝えするようにしましょう。

 

 

 

便利なカーナビですが、テレビ機能を使わず、カーナビ機能しか使用しない人にとっては足枷になることが難点ですね。

 

 

スポンサーリンク

実際カーナビでも受信料を支払う必要はあるのか

 

では実際、NHKの受信料はカーナビを持っている場合必ずしも払わなくてはならないものなのでしょうか?実際のところカーナビというのは機種によってはテレビの放送を受信することができるような仕組みのものもあり、この場合には残念ながら受信設備という風にみなされることになりますので、最低限でも地上契約は行う必要があります。ただしこれについてはあくまでもNHK側の解釈ということにもなりますし、実際そのカーナビでテレビの放送を受信できるかどうか、についてはNHK受信料徴収スタッフはその現場を見ない限りは確認することができません。

 

 

そういった部分から考えると必ずしもカーナビがついているからといってNHK放送受信料を支払う必要はないということができるわけです。 

さらに裁判などに話が発展してしまった場合はまた対応方法も異なることになるのですが、原則的に最初の訪問や数回程度の訪問であればこの方法でNHK放送受信料徴収員を「かわす」ことは十分に可能でしょう。

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人の紹介

<管理人:アンテナ> ちょくちょくニュースとして話題にあがる”NHKの受信料”関係に関心を持ったのでこれをテーマに情報を体験談を含めまとめています。 意外と知られていないことが多く、契約者でもまだ契約をしていない人でも知っておいた方が良いことがあるので参考にしていただければと思います。 ※受信料逃れや不払いを助長するような目的での運営ではありません